A Little Bit Awesome

小児科(小児腫瘍科)の分野で国際的な貢献ができる医師を目指しています。それらの研修のため、米国臨床留学の準備も進めています。

カテゴリ: USMLE 対策

急遽予定を変更し、2泊3日でカリフォルニアに行ってきました。

<目的>
① San Diego:2年前に研究実習でお世話になった教授やラボメンバーへのご挨拶、進路相談
② Los Angeles:USMLE Step 2 CS 受験会場・周辺の視察
③ Anaheim:Disney L.A. 60th Anniversary グッズ購入(おみやげ)

-------------------------------------------------------------------------------------------------
"USMLE STEP 2 CS General Information" という
pdf ファイルを旅行計画中に見つけました。

(追記)
完全版:
USMLE STEP 2CS に絶対合格したいあなたに奉げる処方箋

First Aid Step 2 CS
 と双璧をなす対策書だと思います!
これから受験を目指していく立場として、本当に有難いかぎりです。
-------------------------------------------------------------------------------------------------

今回の旅では、自分の将来を根本的に見直すきっかけを得ました。
結構な労力と旅費がかかりましたが、一歩を踏み出して本当に良かったです。

数年前の自分だったら迷いなく出動していたはずですが、今回は消極的な面持ちで迷いに迷った末の決断。自らのチャレンジ精神や積極性の減衰を感じ取らざるをえない3日間でした。

米国での経験によって、低学年の頃に抱いていた憧れや好奇心が徐々に薄れてきたことが、きっとその一因なのだと思います。

でもその経験がプラスに作用していることもまた事実で、「何が何でも米国臨床留学したい、しなければいけない!」という現実的な思いはどんどん膨らんできています。
 
 
フェローシップだけを経験して日本に帰るよりも、アメリカで長くトレーニングを積んで少しでも多くを学ぶ方が、将来的には、今の医療で治せない患者さんを少しでも治せるようにするための最新の臨床を追求し、臨床研究に取り組むチャンスをより一層広げられるのではないか。

それなら(最終的に日本の医療に貢献したいという思いを抱きつつも)「日本に戻れなくてもいい」ぐらいの覚悟で、レジデンシーから米国臨床留学すべきなのではないか、という思いが高まってきました。


・果たして自分にはレジデンシーから臨床留学できる可能性が残されているのか?
・もし可能性があるなら、実現のために今の自分が最も優先してやらなければいけないことは何なのか?
・英語コミュニケーションの壁をどう乗り越えていくのか?
・国内のマッチング、国試対策、Step 2 CK 対策の3つに集中して情熱を注いでいくことが、残りの医学部生活の過ごし方として本当に最適なパスなのか?

そういった根本的なところから、今一度じっくり考え直してみたいと思います。

USMLE Step 1 で高得点をとれなかった反省を含め、留意点をまとめました。

① 難化傾向続く(?)。少なくとも UWorld レベルの難度を想定しておいて損はない
本番はブロックごとに難易度に差があり、特に難しいブロックは UWorld 以上の難度でした。症例内容につかみどころがなく、選択肢にも、First Aid に載っていない見たこともない疾患が幾つか含まれていて、その中から "Most likely" なものを選ばないといけない問題には、嫌というほど当たりました。全く手に負えずに当てずっぽうで選ぶしかない問題が5題くらい続いたりする苦しい状況も2度ありました。
<参考サイト> New Changes to Step 1 for 2016
 

② First Aidだけでは現行のStep1の出題範囲はカバーできな
First Aid for the USMLE Step 1 は対策に不可欠で、試験前に必ず暗記しないといけませんし、自分もある程度それを果たしました。しかし、UWorld や Kaplan Qbank を勉強するとすぐにわかりますが、First Aid の知識だけで対応できない問題は際限なく登場してきます。残念ながら、本番も同様でした(First Aid に完全準拠している Rx Qmax だけがむしろ特殊。あくまで First Aid の知識を身につけるための基礎固め用。そういう点から、Rx Qmax は1周で良かったです)。本番の出題範囲は本当に膨大でした。
 
 
③ UWorld の難問・奇問ほど、本番に類題が出る可能性があると思って入念に勉強すべき
本番で実際に出題されたからこそ、そういった問題が復元されて類題として Question bank に登場するのだと思います。特に UWorld の類題は本番でも各ブロックに数題程度出てくるので、UWorld は模試も含めて全問解ける状態で当日を迎えないといけないです。なけなしの類題を自信を持って解答できないと、本番で痛い目に合います。
 

④ オンライン問題集を2つマスターしてもNBME模試で目標スコアが出ないなら、迷いなく3つ目に取り掛かるべき。高得点を取るには Kaplan Qbank がやはり必要だったかもしれない 
「2つのオンライン問題集を繰り返し解いてマスターすれば、さすがに本番の大半の問題に対応できるだろう」という当初の考え方は甘かったです。Rx Qmax, UWorld のみならず、NBME模試、Kaplan Qbank / Qbook などで新しい問題を1題でも多く妥協なく勉強し続けるべきでした。あるいは Firecracker(後述)でより広域に未習知識をカバーし続けるべきでした。これが高得点をとれなかった最大の要因だったと考えています。
First Aid 2016 の教材評価では、Rx Qmax:A、Kaplan Qbank:A- となっていて、Kaplan Qbank の欠点としては "sometimes emphasizes recall of overly specific details rather than integrative problem-solving skills." と書かれています(インターネット上の付録サイトより)。しかしその前にちゃんと "A high-quality question bank that covers most content found on Step 1" と利点も書かれてありました。医療安全系の問題(2016年5月9日から新たに出題範囲に)がうっとおしかったり、Rx Qmax や UWorld で見たことのない難問・奇問が多かったりしたため、僕は Kaplan Qbank を途中で切り上げて、Rx Qmax や UWorld の解き直しに時間を割くことにしたのですが、やはり Kaplan Qbank を最後まで勉強しておくべきだったと思います。Kaplan は最大手の予備校ですし、本番の情報が集まりやすいであろうことを考えると、Kaplan Qbank の方が Rx Qmax よりも再現問題を多く含んでいても全くおかしくないです。First Aid の巻末で Rx Qmax の方が Kaplan Qbank よりも高評価になっているのは、自社が作っているオンライン問題集だからという点も反映されていると思います。教材評価内容を個人的に解釈し直すと以下のようになります。
 
Rx Qmax
◎ 問題が良質
◎ First Aid に即していて初学に最適
△ 本番の問題に十分に即しておらず、UWorld や Kaplan Qbank とも出題ポイントがややずれる

Kaplan Qbank

◎ 本番の出題範囲がよりカバーされている
△ 奇問が目立つ
(という点において雰囲気が本番に近い


⑤『演習問題数に比例して得点力が上がる』『10000題解けば240取れる』を正しく解釈する
解き直し問題を総演習問題数にカウントしていたのがそもそもの誤解でした。新しく解いた問題のみをカウントすべきです。また、勉強した問題のなかでも、本番で類題が出た時に100%絶対に正解できる問題だけをカウントすること。2周解くのは、あくまで(能力的に限界があって)1周でマスター出来ない場合に行う補習と捉えること。
あと、やはり UWorld を勉強する際は、問題を解くために必要な知識とその近辺領域だけでなく、解説でカバーされている内容をより網羅的に勉強しておくべきでしたUWorld 1周目をもっと早く始めて、テストモードで解かずに、1問1問じっくり勉強するのも手だったかなと思います。本番では見たことのない問題が本当にたくさん出るので、問題集の問題で正解するために必要な知識だけでは対応が難しかったです。
<参考サイト>  Five Biggest Mistakes Students Make With USMLE World


⑥ 英語力(速読力、精度)が伴わないと得点力は伸びてこない
2016年5月9日から1ブロックの問題数が40題に減りましたが、問題文がかなり長くなり、マルチステップな思考のハードルも上がっていると思われるので、相当レベルの速読力と読解精度が伴わないと、必ず足を引っ張ることになります。問題数をこなすことでカバーできる部分も大きいので、Timed mode での演習量も重視すべきです。UWorld は必ず2周解きましょう。
 

⑦ 最後は日本語での知識量がものを言う。学業は大事!
オンライン問題集、First Aid for the USMLE Step 1、大概の人が使用するメジャーな補助教材(BRS Behavioral Science, Rapid Review Pathology など)だけでカバーできない問題は、学業や、日本語で勉強してきた知識でカバーするしかないです。日本語で相当量の医学知識を身につけておかないと現行の膨大な出題範囲の Step 1 に対応できず、なかなか高得点には届かないと思います。アメリカの医学生たちが普段から重点的に学習している知識を日本で習っていなくて知らない、といった類のディスアドバンテージをも埋められるだけの、日本語での知識量が必要です。早期から First Aid に頼りすぎる勉強は良くなかったです。
 

⑧ 模試は予想スコアを出すためだけのものではない。間違い直しも大事
予想スコアだけが出る$50バージョンと異なり、$60バージョンの NBME 模試を購入すると、受験後に自分の間違えた問題を確認できます。解説はおろか、解答すら付いてこないので復習がしづらいですが、間違い直しも必要だったと感じています。(公式のものではありませんが、ネット上に解答例のサイトもちらほらある模様;古いですが No.1-13の問題と解答例の入手先はあるようです)。僕は最新の NBME 模試 No.18(153/200、予想スコア:224)しかやりませんでしたが、その時に迷った問題が1題、本番にそのまま出てしまい、十分に復習しないまま受けたことを強く後悔しました。(因みに、UWorld 模試からも何題か類題が出ました。僕の時は、本番の第1ブロック第1問目がまさにその1つでした)。コストがかかりますが、NBME 模試も早め早めに数多く受け、1問でも多く勉強しておいて損はないです。


⑨ 最新の公式サンプル問題をチェックしておいた方がいい
USMLE の問題は定期的に傾向が変わるようですが、変わり目でプール問題ががらりと変更されるのではなく、日進月歩、連続的に変更されている感じがします。新課程に移行する直前に受験する場合でも、最新の公式サンプル問題を解いて傾向や特徴を掴んでおくことは重要です。難化傾向にあることも容易にわかると思います。
<参考サイト>
公式サンプル問題サイト:http://www.usmle.org/practice-materials/ 
公式サンプル問題PDF:http://www.usmle.org/pdfs/step-1/2016samples_step1.pdf
解答・解説サイト:http://www.benwhite.com/medicine/explanations-for-the-2016-official-step-1-practice-questions/


⑩ どれだけ本番ができなくても、NBME 模試の点数は信じていい
「本番が信じられないくらい難しくて、寝不足でコンディションも悪く、第5ブロックくらいから頭も疲れてきて、NBME 模試の時よりもはるかに手応えが悪い。精彩を欠いて、普段できるはずの問題もボロボロ落としてしまっているに違いない。合格している気が全くしない。落ちたかもしれない」...そんな面持ちで試験を終えたとしても、なお、NBME 模試の予想スコアは信じていいと思います。きっと他の人たちも同じようなコンディションで、同じような感触です。自分の得点率がどれだけ低くても、結局のところ、Mean 230, SD 20 になるようにスコア化されるので、過度に心配する必要はありません。NBME 模試の予想スコアが合格ラインぎりぎりだったとか、自分の必要スコアに一度も達していないとか、そういう深刻な状況でない限りは、きっと成るように成ります。『NBME 模試の予想スコアは残酷なほど正確』=『試験後は NBME 模試のスコアを信じて"果報は寝て待て"』です。


※ その他、やっておけばよかった教材
Firecracker :
 ・利用者の方がより高得点を取れていることが統計学的に証明されている
 http://blog.firecracker.me/students/firecracker-step-1-performance-analysis
・もともとGunner Trainingという名称で米国医学生の間で爆発的にはやっていた模様
 http://hotarunokoya.blog92.fc2.com/blog-entry-103.html
 ・250点を取られた先輩が使用されていて、オススメしてくださっていた...

Kaplan Qbook:大体の人がやるようですし、UWorld や Rx Qmax でカバーしない問題が結構あるみたいなので


もう時すでに遅しですが、反省を生かして Step 2 CK で必ずリベンジします!

USMLE Step1 に無事に合格しました。

試験3週間後の水曜、朝8時(日本時間22時)ごろにメールでアナウンスが届き、
スコアは226でした。

合格最低スコア: 192
平均 ± 標準偏差 ≒ 230 ± 20
小児科コース中央値 ≒ 226

ずっと目標にしてきた点数には全く及ばず、平均(≒230)さえクリアできなかったのは悔しいですが、やれるだけのことはやってきましたし、自分の能力的な面も考えると、妥当な点数かなと思います。

不合格も覚悟していたので、合格できて本当に良かったです。
時間を見つけて少しずつ、お世話になった方々にご報告とお礼をしていきたいです。


今後も、フェローシップからの臨床留学を目指しつつ、「自分のやりたい仕事のために、米国専門医の資格が必要なので、やはりレジデンシーから...」と考えるようになった場合にそのチャンスをも温存できるよう、次のステップに向けてしっかり取り組んで(リベンジして)いきたいです。

USMLE Step1 が終わりました。

こんなに苦しい試験だとは思わなかった...

というのが素直な感想。

正直、落ちた気しかしていません。

「NBME模試のスコアは残酷なほど正確である」という言葉を信じて結果を待つこととします。


落ちたらブログの題名を "No more awesome" に変えた方がいいのかも笑
(そういう方向の意味合いで "A little bit awesome" と付けたわけではありませんが)

とりあえず、気持ちを切り替えて次のステップに進みたいと思います。
 
来週からのクリクラの第1ローテーションは、希望が叶って小児呼吸器に決まりました。

少しずつ疲れも取れてきたので、クリクラの準備を再開していきます!!

 
箇条書きではありますが、Step1の振り返りと反省を。

<振り返り>
・公式サンプル問題(2015-2016)よりは確実に難しい
・ブロックごとに難易度にむらがあることは想定していたが、UWorldでも経験したことがない難度のブロックが2つあった(難しく見えただけなのかもしれませんが...)
・マルチメディア問題は心音2問のみ、連問はなし
・Rx 2CKで見た問題が何題か(初期対応、次に行う検査)
・出題範囲の広さは完全に想定外。First Aid の知識だけでは到底太刀打ちできない。First Aid が最後の砦になっていた時代は終わったのかも
・問題文の長さはUWorldとほぼ同等。UWorldが長めに作られているということはない。2,3行の軽い問題の割合はNBME模試18より少ない
・UWorldのように微妙なところで迷う問題は少ない一方で、症例文のテーマが読めても最後に「え、そこ聞いてくる?」みたいな問題や、どうしようもない問題が多い
・過半数がRx、UWorldで全く見たことない初物の問題、そして見当がついても他の選択肢を除外しきれない問題
・NBME模試と全く同じ問題が1-2題
・UWorldの類題は各ブロックに数題あった(気がする)
・BRS Behavioral Scienceの章末問題にそっくりの問題が1題あった
・患者対応問題はUWorldやBRSなどで準備していても悩ましいものが多かった
・骨盤領域の支配神経は結構聞かれた
・全く同じではないが、308題の中に内容が同一の問題が2組あった

・メモに関しては、B5サイズのラミネートシートとホワイトボードマーカー(消えない)が2セット渡される。シートの右上に10桁くらいの受験コードを予め書き込んでから入室し、試験中は各ブロックの開始前にそのコードを毎回入力することになる
・退室時には、サイン(名前と時間)と指紋認証が行われ、Breakと書かれたカードを首からかけて休憩に入る
・休憩時はスマホやパソコンを開いたり、ノートを復習したりしてもオッケー
・トイレと糖分&水分補給を済ませた後に、ゆっくり休憩している時間はあまり取れなかった
・再入室前には、サイン(名前と時間)、指紋認証、ボディーチェックが行われ、入室後に受験コードを入力してから再開。なので結構時間をとられる
・プロメトリック御茶ノ水のスタッフは、USMLE受験者にとって休憩時間が貴重であることを理解してくださっていて、入退室時の対応は非常にスムーズにしていただいた
・試験が終わった夜に、馴染みの人と一緒に楽しく過ごせる時間が取れることは本当にありがたい


<反省>
・オンライン問題集とFirst Aidだけでは通用しない
・国試レベルの網羅的な知識が必要
・CK対策より国試対策をきっちり進めておくべきだった
・国試対策をちゃんとやっていなかった自分はせめてKaplan Qbankも全部やるべきだった。Kaplanは医療安全系の問題*(2016/5/9から出題される可能性がある昨年からすでに導入された新傾向問題なのでしょうか?)や、「VAPの時にベッドを何度傾けるか?」みたいな、到底Step1で出るとは考えにくい問題、さらには余計な情報を無理やり加えて難しく作られたような問題が多くて、途中で見切りをつけてやめてしまっていたが、本番ではそういう突拍子もない問題も平気で登場する、ということを念頭に置いておくべきだった
・NBME模試は$60 version(間違った問題が表示される)をなるべく多く受けて、少なくとも間違った問題はちゃんと復習しておくべきだった


---
*<Kaplanに出てきた医療安全系の問題>
問題例:
・"the process where an institution can accurately and completely reconcile medications across the continuum of care to prevent medication errors"をなんというか?(答:Medication reconciliation)
・"The blunt end error" の例は?(答:システムのアップデートを1年遅らせることで生じるエラー)
・検査結果を鵜呑みにして診断を誤る現象は?(答:Blind obedience)

公式サンプル問題2015-2016にこんな類の問題は全くなかったですし、やっても意味ないんじゃないかなと判断していました。(実際に本番でも出なかったですが)

Kaplan QbankはFirst Aid の参考書レビューで評価がA-と低目で、 "A high-quality question bank that covers most content found on Step 1, but sometimes emphasizes recall of overly specific details rather than integrative problem-solving skills." と評価されていたので、RxやUWの解き直しを優先しました。
http://www.firstaidteam.com/wp-content/uploads/First-Aid-Step-1-2016-Resource-Reviews.pdf

でもやっぱり実力の足りない自分はKaplanで練習を積んでおくべきだったなと今は感じています。


<模試などの成績>
UWorld 1周目(Timed/Random):58%
公式サンプル問題(2015-2016) : 81%(111/137)
UW模試1:65.9%(116/176) 予想スコア:224
UW模試2:66.5%(117/176) 予想スコア:224
NBME模試18 : 76.5%(153/200) 予想スコア:224

当初の目標と比べて自分の出来が悪すぎて、受験の延期もありえましたが、専門科のフェローシップから臨床留学したいという方針が固まってきていたので合格を目指して受験に踏み切りました。


<難化傾向?>
2016/5/9から1ブロックあたりの問題数が40題に減りますが、問題内容も変化していくのか、最新の公式サンプル問題(2016-2017)には新作問題が49題も登場しているようです(解説サイトで*がついた問題)。僕はこれらを解いていなかったので(解くべきでした...)なんとも言えませんが、実際に解いてみることで難化傾向の有無を検証できるかもしれません。
公式サンプル問題サイト:
公式サンプル問題解説サイト:
http://www.benwhite.com/medicine/explanations-for-the-2016-official-step-1-practice-questions/ 

いよいよ明日になりました。

午後の新幹線で上京して、御茶ノ水の受験会場を視察してから宿に向かいました。
秋にTOEFLを受けた会場なので、少し安心。

リラックスしながら最後の復習をして(←難しいです)、明日に備えたいと思います。

Step1まであと1週間になりました。

来週月曜にはStep1を受け終え、 その1週間後にはアメリカの小児病棟で実習を始めているであろう自分を想像すると、ソワソワしてきます。


今月はざっと以下の勉強を進めてきました。

・UWorld, RxQmax
・Behavioral Science(BRS, High-Yield)
・Rapid Review Pathology
・公式サンプル問題
・模試(UW、NBME)
・First Aid, Quiz-letのまとめ

自分なりにやれる事はやってきたので、もうあとは残り物をやりきって、清々しい気持ちで当日を迎えて、無事に合格できれば御の字です。

まだまだ取りこぼしが多いので、それをどこまで改善できるかが、自分にとっての最終課題となりそうです。

知識量や問題演習量も大事なのでしょうが、高得点をめざすには英語力やセンスも大事だなとつくづく感じます。


本番で自分のベストを発揮できるように、それだけを考えてこれから準備を整えていきます

Step1本番まであと5週間になりました。

UWorld 2周目、RxQmax 3周目のスパート演習を始めています。

UWorld 1周目でかなり鍛えられましたが、自分自身のポテンシャルが低いこともあって、読解力、思考力、対応力などの鍛錬がまだまだ必要な状況。

なので、
『オンライン問題集で触れなかった細かい知識を覚えて、覚えて』
というのではなく、
『オンライン問題集をとにかく解いて、解いて』
というスタイルで最後まで取り組んでいきます。 

First Aid の暗記, Rapid Review Pathology, Behavioral Science の個別対策も同時並行で進めていますが、あくまで問題演習重視でいきたいと思います。


---
繰り返し解くに当たって以下のことがわかりました。

UWorldでリセット機能が使えない場合(購読が6か月未満の場合)に2周解く方法

1周目は “Unused” を選択してブロックを作成し、普通に解いていく

解き終わった問題に旗マーク(Marked)をつけていく

1周解き終わったら、全ての問題に旗マークが付いた状態になる

  2周目では ”Marked” を選択して、旗マーク問題のプールからブロックを作成する

作成するとそのブロックの問題についていた旗マークは自動的に解除される(→ 2周目を解き終わった問題のマークはいちいち外す必要がない)

そのまま を繰り返していくと、全ての問題を2周解ける

<参考> http://medicalopedia.org/4039/how-to-redo-usmleworld-questions-without-missing-questions-without-buying-6-month-subscription/


RxQmaxを購入し直して、前回の履歴なしに全く新しい状態から解く方法
同じアカウントで再購入すると前回の履歴がやはり残ってしまうようです(ブロック削除機能を使い果たしている場合、新鮮なブロックがもはや作れない)。したがって、まっさらの状態から解き直したい場合は、違うユーザーネームとメールアドレスを使用して、新しいアカウントを作って購入すればOKとのことです。(直接メールで問い合わせて教えていただきました)

UWorld Step1 を進めています。

ずっと Rx Qmax にお世話になってきた分、慣れるのに苦労します。
特徴がつかめてきました。

使い勝手が悪い
問題・解説画面が出ている間は、UWorld に関係しない操作を含め、パソコン上でのコピペ機能が完全に使えなくなります。単語の意味をその場でサッと調べたり、画像を保存したりもできないので不便です。First Aid とのリンクもないです。あと、うっかり UWorld 起動中にスクリーンショットを使おうとすると、別操作画面であっても UWorld が強制終了します。

リセットは6か月以上購入者のみ1度だけ可能
今回は3か月プランで購入したのでリセットできず (T-T)   対抗手段として、解き終えた問題に全て旗マークを付けて、2周解ける体制を作っています。うまくいくでしょうか...
(参考:http://medicalopedia.org/4039/how-to-redo-usmleworld-questions-without-missing-questions-without-buying-6-month-subscription/

難易度&質が高い
・難易度は5段階で表すと、Rx:Level 1〜4 に対して、UWorld:Level 3〜5、というのが個人的な印象
・生半可な知識・理解では正解できないように捻られた問題、マルチステップの思考を多く踏まないといけない問題、最後のワンステップで深い理解や知識を要する問題、紛らわしい引っかけ選択肢が並ぶ問題、そして長文の問題が多い
・Rx にありがちな、短時間でさらっと解ける典型問題はなかなか出てこない
・Rx の 2CK 版で出てきたようなマイナー疾患や、検査・治療方針に関する問題など、臨床的に深い内容も出てくる

自分自身の感覚としては、First Aid の幅広い知識、十分な思考力、冷静な判断力を総動員し、1問80秒ペースでミスなく集中して解き続けて、やっと8割取れるという感じです。1周目からの60分テスト演習はシビアですが、徹底的に自分を鍛えられるので、得られるやりがいが物凄いです。1度解いたことがあり、かつ易しめの Rx の問題をすいすい解けることに慢心していた自分に喝が入ります。

なんとか UWorld 1周目(Timed/Random/Unused)で80%を取れる実力をつけていきたいです!!

Form 186 のスタンプの問題が解決され、明日再送していただけることになりました。

改めてスタンプをチェックしたところ、通常のインクスタンプに加えて、3Dスタンプが二重に押されていました。うろ覚えですが、前回は3Dスタンプがなかったような気がします。

次もリジェクトされたら...という心配が尽きませんが、学部長が直接メールで交渉して解決してくださったようなので、きっと大丈夫でしょう。

尽力してくださった学務の方も信じて、5-6週間後?の受理を待ちたいと思います。

クリクラ出発までに間に合いますように!!

このページのトップヘ