A Little Bit Awesome

小児科(小児腫瘍科)の分野で国際的な貢献ができる医師を目指しています。それらの研修のため、米国臨床留学の準備も進めています。

カテゴリ: 日記・その他

IMG_0735目標の5時間をちょっとオーバーしましたが、無事に完走できました!

沿道からの声援やタッチが終始続く感動的なコースでした。
小さい子どもや外国人の方もたくさん応援してくれていました。

41km地点では、キッズキャンプの子どもたち、ご家族、スタッフからの温かい応援!!

期待していなかったランナーズハイも到来し、爽快感たっぷりにゴールまで駆け抜けることができました。

「しんどいのは気のせい」でした。


応援する立場であるべき自分があんなにも応援してもらっていた光景を思い出すと、(マラソンに限らず)もっともっと頑張らなければという気持ちが湧いてきます。

いつか本当の意味でキャンプの発展と普及に貢献できるよう、そして次こそはチャリティランナーとして東京マラソンを駆け抜けられるよう、成長を続けていきたいと思います。


次は USMLE Step1 です。

東京マラソンが4週間後に迫ってきました。

悪天候続きの新潟ではほとんど走りこめず、体がなまってきたので、用事がてら東京でランニングしてきました。

日比谷のランスタはいつもより混んでいましたが、東京マラソンの話をしている人もいて、服装や話内容が参考になりました。(マラソンで一番怪我しやすい足首を冷やさないよう、冬場は丈の短いソックスを使わない、など)

今日は皇居を6周。無事に1月の自己目標(30km)をクリアできました。

ただ、23km地点で休憩した時に下腿の筋肉を一気に冷やしてしまい、以降は足をつりかける発作が頻発...!

やむをえず、「つりかけたら歩行に切り替え、回復したら再び走る」というのをこまめに繰り返し、いっぱいいっぱいの状態でフィニッシュ。

足つりは最も危惧していたトラブルですが、練習で早目に遭遇できて良かったです。

水分・栄養補給、休憩のとり方(極力休憩なしで水分・栄養補給する方法)、服装を改善し、筋トレにも取り組んで、本番で足がつらないようコンディションを整えたいです。

臨床実習に追われた2015年は、最高の班メンバーと指導医に恵まれて、楽しく充実した1年でした。

一方で、実習外の時間は、「追い込みすぎる自分」と「逃げてばかりの甘すぎる自分」のいたちごっこに終始してしまい、目標らしい目標も何一つ達成できませんでした。

それでも、2016年に向けて最低限のチャンスメイクとポテンシャルアップは果たすことができたので、ホッとした気持ちで年末を迎えることができました。イメージ通り、「守りの1年」となりました。

・ 米国姉妹提携大学でのクリクラ(来年5-7月)の内定をいただくことができた
そらぷちキッズキャンプボランティア研修サマーキャンプ)で最高の経験ができた。子どもたちと上手に接するコツを色々な方々から学ぶことができた
・ USMLE Step 2 CK オンライン問題集を2周解き込み、合格に必要な力をつけられた
・ TOEFL iBT 対策の課題をリスニングとボキャブラリーの二本柱に集約できた
・ 東京マラソンに当選できた


いよいよ明日から、結果が求められる勝負の2016年。
残り8週のポリクリと卒業試験のほかは自由自在に動けるので、期待感いっぱいです。

これまでの人生で最高の1年にできるよう、全ての目標達成に努めていきます

<2016年(〜卒業まで)の目標>
#1  東京マラソン完走 & そらぷちキッズキャンプの宣伝
#2  USMLE Step1 ≥ 250( > Mean + 1 SD)
#3  TOEFL iBT ≥ 100(5月まで)
#4  米国でのクリクラ:将来につながる最高の自己成長を得る
#5  シカゴ小児科病院での自主見学実習:同上
#6  そらぷちキッズキャンプ 2016 夏:スマイルメイカーとして貢献する
#7  就職試験/マッチングでベストを尽くす(12球団どこでもOKの気持ちで)
#8  USMLE Step 2 CK ≥ 240
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
#9  国家試験合格
#10   TOEFL iBT ≥ 105
#11   USMLE Step 2 CS 合格,  ECFMG Certificate 取得

マイスローガン:『結果が全て』

東京マラソン2016に当選しました。

本気度2割、遊び心8割くらいの軽い気持ちで初応募したところ、まさかの展開に。
何でも一歩踏み出してみるものですね


抽選倍率は10倍?らしいので、落選された方々のためにもしっかり挑まないと。


とはいえ、東京で開放感たっぷりに42.195km走れることを思うと、気持ちは自ずと高ぶってきます。

普段のジョギング量を増やして、完走に向けた練習を始めていきたいと思います

2014年は、米国での実習、USMLE 対策に思いきり打ち込めたばかりでなく、多くの温かい方々に出会い、支えられ、最高級のご恩をいただいた一年間でした。

ありがとうございました!

また、このブログ日記からも、他大の同級生、後輩の同志と知り合うことができたり、激励のメッセージをいただいたりと、とても勇気付けられた一年でした。

今年、ダックスフンドの愛犬が寿命を迎えました。
研究実習に向け出発した9月26日に、実家でギリギリまで一緒に過ごせたのが、最後で最高の思い出です。

失って初めて気づく大切なものを知り、そしてどれだけ幸せがもたらされて自分が今にたどり着いたかを振り返った時、自分には果たしていかなければいけない使命があると自覚します。

感謝の気持ちを忘れず、今後も頑張っていきたいです。


目標と夢を叶えるための未来階段:
「ベストな就職活動 → ベストな初期研修 → ベストな臨床留学 → 世界でのベストな仕事 → 夢や希望を与えられる存在」

2015年最大のミッションは、この未来階段のスタート地点に立つチャンスをつかむこと。

Vision だけでなく Achievement をしっかりと提示できる自分へ、成長・飛躍していく一年間にしたいです。

 <年間目標>
① USMLE STEP1 において > 250 で合格する
② TOEFL iBT において > 100 のスコアをとる
③ 読書、コミュニケーション、人とのつながりをこれまで以上に大切にする
④ 学生勉強会を企画・運営する

そのほか、克服したい自らの短所、欠点、悪い習慣や、足りないスキルをリストアップし、実行可能な克服策を考えました。課外活動の情報収集や、長期ビジョンのさらなる明瞭化にも時間を割き、年間の動きもイメージしました。

自分自身にブレイクスルーを起こせるよう、2015年の日々に取り組んでいきます!!



皆さまも、どうぞよいお年をお迎えください。

2014年もありがとうございました

初めて佐渡島に行ってきました。島流し。ではなくて、大学の保健所実習。
佐渡枠は3人でしたが、交通費が支給されないため(?)希望者が少なく、何とか3人目として滑り込めました。

<1日目>
当日早朝に出発しました。特別高速船ジェットフォイルは片道6520円するんですが、始発便は「超早トク」というのが効いて3680円!
 
時速約75キロで運航するためシートベルト着用ですが、船内は静かで快適でした。1時間5分であっという間に佐渡に到着しました。
images-1









実習初日は16時までみっちり講義でした。七人の異なる部門の職員から七色のお話を聞くことができて、充実した時間になりました。

夕食は佐渡名物の寿司。近くに名店があるとの情報を仕入れ、さっそく行ってきました。
アワビや大トロ、のどぐろ、魚のだしが効いた味噌汁、煮物などがついて1200円。本土ではなかなか味わえないクオリティの寿司でした。
photo 1












<2日目>
この日も早朝から講義続きでしたが、また三人の職員から興味深いお話がたくさん聞けて、これで十人十色。
午後は講義の一貫として、近くの金山を少し見学させてもらいました。動く人形による再現が凄かったです。珪肺症(Silicosis)になりやすい過酷な労働環境を視察できました。
images-2










帰路はフェリー。最終便までの空き時間でボリューム満点の刺身定食を食べました(天丼の名店だそうですが)。金さん銀さんの101〜104歳のサイン色紙4枚をはじめ、有名人のサインが多数飾られていました。

photo 2











フェリーも快適でした。
20091008_1016935










---
今回は、地元の人たちとの対話や個人観光の機会は殆どなかったものの、実習の中だけで佐渡の医療・福祉・歴史・文化・自然にたっぷりと馴染むことができ、教養を深められました。観光を重ねるだけではなかなかできないであろう貴重な経験をさせてもらえたことを幸運に思います。
 
また、地域住民の安全で健康な暮らしを支えるために、多くの職種の方々がそれぞれの分野で多様な業務に取り組まれていることを知りました(医療や福祉、健康増進の他にも、食品衛生、食品ラベル、廃棄物処理、浄水場、旅館、温泉、床屋、美容室、クリーニング屋さんなどの安全管理、就労支援、ALS患者さんのサポートまで)。

病院内で Team-based Medicine が大切とされる一方で、一歩病院の外に出れば、Team-based Community Welfare のようなものが存在し、そのネットワークが医療を陰ながらに支えてくれているということを実感できました。

そして、社会的背景の多様性を知ることで、医師という職の立ち位置をより客観的にとらえられるようになった気がします。

佐渡島の抱える課題の克服のために、いつか新潟大学出身の医師として力になれるよう関わっていければと思います。


4年前期が終わり、5年間の専門課程もとうとう折り返し地点まで来ました。
今学期は学業、STEP1対策、TOEFL対策の3本両立に苦しみ、悩みっぱなしの4ヶ月間でした。

ペースが乱れる大きな原因が3つありました。

・目標達成のために「何をやるべきか」を追求してそれを実現していくためには、優先順位の低いことを切り捨てないといけなくなります。でも現実には、優先度が低くてもきっぱり切り捨てられないことがあって、中途半端に取り組んでしまうことになり、力を抜くはずが手を抜くことになってしまいました。仕方がないと割り切れればいいのですが、全てを100%やり通せない自分を心のどこかで責めて、思い悩んでいました。

・目の前の課題を一つひとつ果たしていくことが、目標達成のための一番の近道であるとは思うのですが、そればかりに集中しすぎると、ピントが過度に近くなってしまい、その先の本当の目標を見失いがちになりました。TOEFL や STEP1 は通過点であって、目標達成のための手段であるべきなのに、いつの間にかそれが目的になってしまい、先に目が向かなくなってしまう。本物の目的を見失うと、モチベーションが根底から揺らぎました。

・日々自分が果たすべきことに対して責任感や使命感が強くなりすぎると、かえってモチベーションの糸がぷっつり切れて、何もやる気がなくなってしまう、ということも何度か経験しました。不妊治療薬の中に、断続的?(pulsatile)に投与するとアゴニストとして、持続的(continuous)に投与するとアンタゴニストとしてはたらく作用機序をもつものがあるのですが、自分のモチベーションもこれと全く同じだな…と考えたりしてしまいました。何もかも嫌になる期間が長引くと大変でした


こうしたモチベーションの麻痺を防ぐためにも、いっさい勉強しない完全オフの時間や、丸1日ダラダラするような日をやっぱりちゃんと作らないとダメだと思うようになりました。自分の現状を冷静に見つめなおし、気分転換し、内面をリセットし、新しい発想を引き出す時間もとても貴重なものだ、と。

走り続けてこそプロフェッショナルを目指せるんだと思いますが、走り続けるための内面的なメンテナンスや休息も絶対に欠いてはいけない。そう考えるに至った4ヶ月間でした。

夏休みもまたストイックに計画を進めていくつもりですが、完全オフの時間を大幅に増やしてさらにメリハリをつけて取り組んでいきたいです

後輩から本質的な相談を受けました。 
「医学部生活の中で長期目標を見いだせない」

2年生ながら長期目標を見いだそうとする姿勢自体に尊敬の念を覚えます。

僕は学士編入生で、幸いにも目標やキャリアプランを予め練ってから入学できましたが、もしもストレートで医学部に入っていたら、2年生の時点では絶対にそんなことは考えなかっただろうと思います。


高い目標や大きな長期目標に向かって頑張ることは、今の医学部生活を日々背伸びしながら一歩一歩ベストに生きようとする原動力となりますし、その積み重ねが、将来立派な医師になってどれだけ患者さんに貢献できるかを規定するのではないか、と今の僕は考えています。(部活の意義もここにあると思っています)

ただ、医学部の授業内だけでは「将来どのような医療人を目指すのか?」という長期目標を見いだす機会はなかなか得られない印象を受けます。やはり外の世界に出ることが大事!でも具体的にどう行動に移せばいいんだろう?


今回、後輩からこのような相談を受けてその場でうまく返事ができなかったこともあり、少し時間をかけてアイデアを整理し、提案を以下にまとめてみました。
(未熟な4年生の一学生がまとめた理想案にすぎません…。自分自身の後悔や自戒も込めています)

・長期目標を見つけるために一番重要なのは、目標となる先生(ロールモデル)に出会うこと!自分の目標になりそうな先生・医師を見つけて、関わるチャンスを徹底的に探し求めてみましょう。著書やネット上の記事を読んだり、特集番組を you tube で見たり、講演会・セミナーを検索して参加したり、(学内の先生であれば)直接面談をお願いしたり、課外イベントを紹介していただいたり、現場を見学させていただいたり。

・そのようなチャンスを見つけられたら、勇気を振り絞って、迷うことなく飛び込みましょう!チャンスは逆境のとき(忙しいとき、寝不足で疲れているとき、交通費がネックになるとき、モチベーションが下がっているとき、自信がないとき)にしか訪れないものだと心得て、どんな逆境下でも使命感をもって飛び込むべきです。

・一度チャンスに飛び込んだら、そこに全力投球しましょう。読書や番組視聴であれば、ノートをとり、自分のアイデアもまとめながら取り組むこと。講演や見学であれば、事前に徹底的な下調べをして臨み、しっかり目を見て話を聞いて、ノートをとって、勇気を出して質問して、熱意を示すこと。

・チャンスへの全力投球を通して、目標となる先生の姿勢・アイデア・流儀・アドバイス・人間性・熱意・ものすごいオーラに触れられたら、今の自分の現状と照らし合わせて、ギャップを見い出してみましょう。「今の自分に足りないものは何なのか?」 このギャップがまさに自分の果たすべき課題です。そしてギャップを埋めることが目標そのものです。

・全力投球したチャンスは徹底的に活かして、必ず次のチャンスに繋げましょう。「次に繋げよう、次に活かそう」という意識をもって目の前のチャンスに当たることが大切です!こうしてチャンスの連鎖を生み出していくことで、自分の果たすべき課題や目標がどんどん具体化・増幅し、大きな長期目標へと発展していくはずです。


今までわずか2年間ながら、僕がなんとか前向きに医学部生活を進めてこられたのは、貪欲に追い求めた一つひとつのチャンスに積極的に飛び込んで、そこで出会った方々から沢山のアドバイスや支えをいただいてチャンスを繋げてこられたこと、そしてそのお陰で自分なりの目標を維持・アップデートし続けられたことだったと思います。

これからも、どんどんチャンスを広げて目標に向かって突き進んでいきたいですし、後輩ともそのチャンスを共有していけたらと思います!

<計画>
① First Aid, Cases, Q&A の勉強(基礎医学科目)
② TOEFL 対策(TOEFL MAP, Rare Job など)
③ 基礎研究実習に向けた準備(Review 論文など)
④ 課外活動/その他

落ち着いた環境で、時間があるうちにどんどん計画を前進させておきたいところです。
今週から大阪中之島図書館に入り浸っています。


<課外活動>
1) ケーススタディセミナー(3月13日):東京
2) 地域医療実習(3月23-26日):沖縄久米島

2) は地域医療振興会のホームページで募集を見つけました。補助金を支給していただけます。


<その他、取り組み中(予定)>


最後の定期試験が終わった日の夜からスタート。試験続きでクタクタな状態でしたが、それでも数時間夢中になって読みふけってしまいました。それぐらい勉強になる本。目標にさせていただいている先輩も3年の終わりにこの本を読まれました。まだ最後まで読んでいませんが、内容がかなりクリアカットで驚いています。鑑別ポイントのまとめも、本当に“カード”化してしまいたくなるくらいに充実しています。この本は確かに必読書です。




がんプロ対応テキスト。がん医療に関わる全ての医療従事者を対象に書かれたユニバーサルテキスト。全36章の目次内容を見て購入を即決しました(Amazon 中古)。類書よりも "Art" の部分に触れる項目が多く、内容面のバランスの良さに魅力を感じました。2008年の本なので情報が若干古いかもしれませんが、全体を俯瞰するのに最適なテキストだと思います。3年前期に教わった腫瘍内科学の復習にも役立っています。


MDアンダーソン サイコソーシャル・オンコロジー
メディカルサイエンスインターナショナル
2013-02-28


上述の本を読み終わったら本書に挑む予定です。今の自分にとっては、がんの診断や治療に関する各論的な内容を学ぶことよりも、医療者として患者さんに接していく姿勢や、国内外のがん医療の現状やシステムを広く学ぶことの方が大切だと考えています。

(内容)
『世界的に名高いM.D. Anderson Cancer Centerにおける膨大なエビデンスと臨床経験をもとにまとめられた、緩和ケアに関する手引。がん患者やその家族が抱える苦痛、身体的・精神的・社会的・スピリチュアルな問題を包括的に取り上げ、どのように考えていくべきか、対処すべきかを具体的に解説。緩和ケアチームの一員として患者を支えるうえでのベースとなる知識を学べる。』



微生物学の勉強が進んだらチャレンジ予定。

東京・弥生にて、江戸千家茶道の家元茶会に参加しました。

家元というのは、流派の本家のこと、あるいは本家を継ぐ人のことを指します。

すなわち、今回の茶会は最高格式のもの。参加費は2席(お弁当付き)で5000円!
学生には高額ですが、初心者が最高者のお点前を直々に拝見できる またとない機会だったので、迷わず参加しました。

厳格のある張りつめた雰囲気をイメージしていたのですが、実際には、安心感のある居心地の良い場所で、いらっしゃった方も皆温和でした。茶道のおもてなしの心を深く感じ取りました。

今回は、最高のお点前を自分の目で見て確認・吸収したいことが沢山あったので、そこに集中しました。やはり、百聞は一見に如かず、でした。

一席目では、第十代家元のお点前を拝見した後に、置き付けされたお道具を拝見しました。
茶杓(抹茶をすくう竹製のさじ)は、初代流祖が200年前に自らお作りになられた、大変貴重なお道具!
そのお茶杓を「是非手にとってみて下さい」と、第十代家元に勧められました。

200年前に作られたものとは思えない、とても奇麗なぴかぴかの茶杓でした。
手にとって拝見しているとき、家元から一生ものの教訓をいただきました。
「道具を大切に扱うその心が大切なのです」

素晴らしい体験でした。

このページのトップヘ