A Little Bit Awesome

小児科(小児腫瘍科)の分野で国際的な貢献ができる医師を目指しています。それらの研修のため、米国臨床留学の準備も進めています。

カテゴリ:課外活動 > >> キッズキャンプ

IMG_0735目標の5時間をちょっとオーバーしましたが、無事に完走できました!

沿道からの声援やタッチが終始続く感動的なコースでした。
小さい子どもや外国人の方もたくさん応援してくれていました。

41km地点では、キッズキャンプの子どもたち、ご家族、スタッフからの温かい応援!!

期待していなかったランナーズハイも到来し、爽快感たっぷりにゴールまで駆け抜けることができました。

「しんどいのは気のせい」でした。


応援する立場であるべき自分があんなにも応援してもらっていた光景を思い出すと、(マラソンに限らず)もっともっと頑張らなければという気持ちが湧いてきます。

いつか本当の意味でキャンプの発展と普及に貢献できるよう、そして次こそはチャリティランナーとして東京マラソンを駆け抜けられるよう、成長を続けていきたいと思います。


次は USMLE Step1 です。

そらぷちキッズキャンプの仲間から頂いた案内をシェアしています。↓↓↓

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
今年の12月13日(日)に、「風のかたち」という小児がんを題材としたドキュメンタリー映画の自主上映会を東京都足立区の綾瀬プルミエという会場で企画させていただいています!
 
この映画は小児がん経験者が参加する「スマートムンストンキャンプ」というキャンプの模様を10年間記録し、再生という言葉のシンボルとして彼らを描いている作品です。
 
僕自身が小児がん経験者ということもあり少しでもたくさんの人、中でも小児がん経験者と一番触れ合う機会が多くなるであろう学生さんに、経験者がどういった思いを抱いているかなどを知ってほしいと思い、今回の上映会を実行委員長として企画しました。
 
大人が¥1,200、高校生以下が¥800というチケット代ではありますが、興味を持ってくださった方、お知り合いが興味を持つかもしれないという方は是非お声掛けよろしくお願いします!
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<作品紹介>
「小児がんをわずらった子供たちによるサマーキャンプの様子を10年にわたり撮影したドキュメンタリー作品。患者たちを『悲劇の主人公』ではなく『再生のシンボル』として取り上げ、小児がんの正しい実態を伝えることを目標としている。合計600時間にも及ぶフィルムの中から、小児がんの患者や経験者などの生の声を収めた。」

http://miraippo.jimdo.com/イベント/  

ケーススタディセミナーの翌日は、首都圏の研修病院で、屋根瓦式内科・救急研修を見学しました。On-the-job training が徹底している上に、レクチャーもかなり充実しており、研修医のヤル気がみなぎっていました。「ここで初期研修ができなくても、外部から参加できる勉強会やセミナーがあれば、またぜひ来たい」と思える内容でした。外科部長が1対2で聞かせてくださった熱いお話にも、強く心を動かされました。


見学の翌日からは、北海道にて4日間のキッズキャンプに初参加しました。


キャンプの魅力は、言葉や写真、動画では到底表現しきれないものでした。
3日目の夜、「帰りたくない」「ここに住みたい」「自分も早くサポーターとして参加したい」と、ため息交じりに語る子どもたちの様子から、このキャンプが好きで好きでたまらないという思いがひしひしと伝わりました。また、サポートする自分たち大人にとってもこのキャンプは夢のような場所で、特別な時間・空間に一緒に居させてもらえること自体を、皆が幸せに感じていました。


今回のキャンプには、初期研修希望先として、この夏に見学を申し込んでいる複数の病院から、小児科医や小児科看護師が来られていました。そのため、キャンプの場を借りて「今度見学に行きます」と、ご挨拶ができました。
同じ思いや目標をもつ先輩方、先生方の下で研修するチャンスが、少しずつ膨らんできました。嬉しいです。


著書を通じて、強い憧れを抱いてきたドクター(キャンプを創設された先生)もはるばるキャンプに駆けつけてくださり、初めてご挨拶することができました。ご挨拶した場所は、偶然居合わせた大浴場の湯船。忘れられないワンシーンになりました。


宿舎で相部屋になった、キャンプの撮影担当者は、偶然にも僕の高校の先輩で、17年前からキャンプ内外で子どもたちを撮られてきたプロの写真家。素敵な写真集を作ってこられたスペシャルカメラマン。3日目夜のスタッフミーティング時には、キャンプ中に撮った3000枚以上の写真の中から約300枚を選び、音楽付きスライドショーで上映してくださいました。スタッフ皆が、笑いながら、感極まりながら、キャンプの思い出にひたりました。


食事班には、管理栄養士を目指す都内大学の3年生4人組がインターンとして参加されていました。じゃがいも、ズッキーニなど、子どもたちが収穫体験をして届けてくれた野菜が、調理されてキャンプの食事に出てくるまでの行程を、子どもたちにわかるように、イラストつき説明カードにしてくれたり、地元の玉ねぎを使ったクッキーを試行錯誤して作ってくれたりと、印象的な活躍をされていました。

☆ 
空港で子ども達を見送ったあと、最後の最後までバスで一緒になりお話したキャンプスタッフ(Aさん)に、5月の研修時に伺った逸話をお伝えしました。キャンプに参加予定だった白血病の女の子が、キャンプ直前に再発して参加できなくなり、半年後に天国に旅立ったお話。その女の子のお母さんは、のちに看護師の資格や命の大切さを伝える専門資格をとられました。
このお話を伝え終わるや否や、Aさんがご自分の過去をお話ししてくださいました。実はAさんも、お子さんを小児がんで亡くされ、その後、看護師とスピリチュアルケア士の資格を取られたとのことでした。感情移入が強く責任感が空回りしてしまうから、小児科の看護師としてはやっていけなくて、普段はお年寄りを相手にしているけれど、キャンプボランティアなら何とかやっていけるかな、という思いで参加されてきたそうです。
    
一人ひとりが本当にいろんな思いを抱えてキャンプに参加されていることを改めて知り、医学生としての狭い視点に囚われている自分を省みる機会となりました。


☆☆
今回も、キャンプを通して、本当に多くの出会い、ご縁、学び、そして幸運に恵まれました。
それら一つひとつに感謝しながら、また頑張っていきたいです!


<過去のキャンプ紹介動画>

 
 

 

昨日、キッズキャンプ(2015夏)の事前ミーティングのため、東京に出かけました。

昨年6月に思いがけずインターネット上で見つけた、都内がん専門病院の1日見学イベント案内。思い切って参加したことで、小児科の先生からキッズキャンプを紹介していただくことができました。いよいよ、その先生と来月のキャンプで再会します

現地研修やミーティングがあり、ボランティア初参加までに交通費が10万円近くかかりました。でも、かけがえのない仲間との出会いや、一生ものの経験が待っているので、浪費した感覚は全くありません。

学生のうちに経験しておきたいこと、奨学金を借りてでも果たすべきことはまだまだ沢山あります。

2〜4年生までは、
・その時々で自分にとって必要性が高く、効果的で、有意義な課外活動
・飛び込むか飛び込まないかで、今後の人生を大きく変えるに違いない課外活動
を模索し、チャンスがあれば貪欲に飛び込んできました。

「スペシャルな課外活動の案内を50人が聞いて、うち5人が興味を膨らませて自主的に情報を探ったり、参加を検討したりするものの、最終的に行動に踏み切るのは1人いるかどうか」というありがちな状況の中で、自分がその1人になることを常に目指してきました。(逆境に堪えつつ、多少の無謀なチャレンジを楽しんできました)

この方針は今後もずっと変わらないと思います。しかし、今年度だけは控えめモード。臨床実習が10ヶ月近くあり、長期休暇も半分近くは病院見学で埋まるので、自由に動ける日数が極端に少ないです。なので、日々の積み重ねがますます自分の将来を左右することになりそうです。

6年になると、また沢山の活動が待っています。悔いが残らないよう、8〜12万円/月の奨学金を借りて思いきり活動しようと心に決めています。
・USMLE Step1, Step2CK 受験:合格すれば、大学から受験料が支給される(?)
・TOEFL 頻回受験
・キッズキャンプ(冬、春、夏)
・病院見学(在米海軍病院含む)と就職活動
・ミネソタ大学臨床実習(学内募集):奨学金あり
・シカゴ小児科病院、MDアンダーソンがんセンター見学(個人)
(・オレゴン健康医科大学家庭医療科研修(JADECOM))
(・ニューヨーク市中病院見学(東京海上))
(・ハワイ大学エクスターンシップ(野口))

5年時
=4年時までの積み重ねを無駄にしないための1年
=6年時に向けての下積みの1年
と捉えて、今の単調な日々を乗り越えたいと思います!!

2015夏の3本柱
☆ 日々の積み重ねを充実させる
☆ 病院見学に全力で挑む
☆ キッズキャンプ活動に思いきり打ち込む

5月2〜4日、北海道滝川市に行ってきました。
キッズキャンプのボランティア研修。

病気の子どもたちやその家族が、自然の中で病気のことを忘れて笑顔で楽しいときを過ごせる夢のキャンプ。日本初となる、医療施設が完備されたキャンプ場です。

10年以上前にプロジェクトを立ち上げた方々の思いが形となり、2012年までに、事務棟、医療棟、食堂&浴室棟、宿泊棟が完成しました。

また、SeriousFun Children's Network(俳優、故ポール・ニューマン氏が米国に創設した、難病の子ども達とその家族のためのキャンプ場の世界的なネットワーク)団体から、アジア初となる公認を受けたようです。 

いよいよ、これから本格稼働に向けて動きだすことになりそうです。


今回の研修は、キャンプボランティアとしてのあり方を学ぶだけでなく、自分が将来医師としてどうあるべきかをも深く突き詰められる、貴重な経験となりました。


☆ 全て寄付とボランティアの力で成り立っている
紹介動画では「建設予定」となっていた建物群が立派に完成し、キャンプ場らしくなっていました。今後は、雨の日でも乗馬プログラムができるような屋根付き馬場の造設や、ソチのパラリンピックで用いられたバリアフリーの移動用カート導入が計画されているそうです!
建物やその内外にある備品、ぬいぐるみ/編みぐるみなど、一つ一つに込められた、寄付をしてくださった方々の思いを想像すると、胸にこみ上げるものがあります。
また、キャンプをサポートしたいという共通の思いをもつボランティアスタッフが集まり形成される雰囲気や空間も、心の底から温かみを感じるものでした。


☆ 驚くほど多くの工夫がこらされている
ほんの一例にすぎませんが...
・手洗い場は、車いすの子たちでも利用できるような形に設計されている
・木の上に作られた家(ツリーハウス)にも、車椅子のまま行けるように作られている
・大浴場の浴槽は、足の不自由な子でも一人で入れるように設計されている
・大浴場の脱衣室に何気なく置かれているソファの上を見上げると、その天井にはカーテンレールが取り付けられている(→いざという時にすぐにカーテンで覆って、診察台として使えるように設置されている)
・点滴台は木製で、クマやヒヨコ、雲の形をした飾りが取り付けられており、点滴台のようには見えない。子どもたちに恐怖心を感じさせない
・アレルギーで普通のソーセージが食べられない子のために、魚肉ソーセージを使ってそっくりのメニューで提供するなど、少しでも "みんなと同じ" ものを共有できるよう配慮している

ディズニーやジブリ美術館に存在するような、特別感、ディテールへのこだわり、ホスピタリティが随所にみられました。


☆ 生きる力を信じる覚悟
ある一人の女の子のストーリーが今も忘れられません。その子は小学校に入学して間もなく入院することになりました。遠足の翌日のことだったそうです。診断は白血病。大変な治療をがんばって乗りこえたその女の子は、キャンプへの参加を心待ちにしていました。馬に乗る練習(乗馬体験にむけて)や、さくらんぼを取る練習(流しそうめんにむけて)もしていたようです。ところが、キャンプ一週間前に病気が再発。参加できなくなってしまいました。その半年後、造血幹細胞移植も功を奏さず、女の子は亡くなりました。
ご両親は、その後、自らキャンプに参加され、天国にいる娘さんに楽しい思い出を届けました。そして、丘の上にある山桜のそばのベンチに座り、夕暮れ時の空を見つめながら、ずっと泣いていたそうです。山桜の木の下には、ご遺骨の一部が眠っているとお聞きしました。
今回の研修では、その女の子を看ていた当時の看護師が食事班のボランティアをされていました。そして、お母様がゲスト講演の演者の一人でした。
『本当に大事なのが、治療なのか、生きる力なのか。重い病気と闘う子どもにとって、より大切なのは "生きる力" だと信じる、その覚悟』
当時の主治医(キャンプの代表理事)と医療スタッフを讃える、お母様のこの一言は、僕の目指す理想の医師像にも大きな影響を与えるメッセージでした。


☆ 仲間との出会い
ボランティア研修のメンバーは、経験者を含めて約35名。素敵な出会いがたくさん生まれました。僕の班のメンバーは、医学生3人(新潟、北海道、東京)、リハビリテーション学科生、小児科看護師、作業療法士、スクールカウンセラーという、多彩なバックグラウンドの7人。終始和やかな雰囲気で良いアイデアを出し合い、共有しながら、充実したグループワークができました。
隣の班には、大学1年生の時からキャンプボランティアとして活躍されている医学生(同級生)がいて、とても良い刺激をもらいました。以前のキャンプで彼女がチームを組んだ小児科医は、都内がん専門病院の先生で、昨夏の病院見学時に僕にこのキャンプを紹介してくださった先生でした。また、代表理事の著書が、参加のきっかけの一つとなった点も、共通していました。本当の同級生仲間に巡り会えた気がして、嬉しかったです。


☆ キャンプの魔法
自ら小児がんと闘い、病気と向き合ってきた方とも友達になりました。以前にキャンパーとしてキッズキャンプに参加し、今度はボランティアとして力になりたい、という思いをもっての初参加。
2日目の夕食時、隣に座らせてもらいました。最初は少し意識してしまいましたが、お話をしているうちに、すぐに打ち解けることができました。夜の語らいタイムの間も立ったまま夢中で懇談し、帰りのバスでも隣に座って話し、新千歳空港でも一緒にお昼を食べて過ごしました。
聞かせてもらったお話は、本当に貴重なものでした。主治医にも、家族にも、友達にも言えなかった、胸の内を、僕や他のスタッフに打ち明けてくれました。同級生と同じように遊んだりできなかった辛さ。同じ病室に入院していた、同じ病気を持つ同級生の死。いろいろと大変な思いをさせてしまった両親や兄弟への想い。今も続く、抗がん剤の晩期合併症の苦しみ。「こんなに自分の過去を人に話せたのは初めて。本当に良かった。これで少し気が楽になった」と言ってくれました。
やはり、辛い経験や苦しみを真正面から受け止め、傾聴し、共感してくれる人たちが集まる場だからこそ、打ち明けることができたのだと思います。

病気の子どもたちが「独りではないこと」「仲間がいること」に気づける。そして、自然に囲まれた環境で、かけがえのない思い出をその仲間と共有することで、心が癒され、笑顔がこぼれ、希望が湧いてくる。そうした『キャンプの魔法』を生み出すことこそが、このキャンプの使命だということを改めて認識しました。

「ここでボランティアをするということは、
『いのちが輝いている、とてもかけがえのない時間に、居させてもらう』
ということ。そのために自分がどうあるべきか、常に自己研磨を要する。」

キャンプディレクターが下さったこのメッセージを胸に、これからも医のサイエンスとアートの両面で、自己研磨を日々続けていかなければと思います。

このページのトップヘ