A Little Bit Awesome

小児科(小児腫瘍科)の分野で国際的な貢献ができる医師を目指しています。それらの研修のため、米国臨床留学の準備も進めています。

カテゴリ:課外活動 > >> 外科

臨床実習が始まりました。
最初の2週間で、消化器・一般外科を回りました。

今まで何度もお世話になった教室。2・3年生の頃には、手術見学、学会見学、ブタを用いた腹腔鏡下胆嚢摘出術のトレーニング(3回)をさせていただきました。

今回の実習では、手技をたくさん経験・勉強できました。今年からスタートした Student Doctor 制度(診療参加型実習制度)の恩恵。ベッドサイドでは腹腔穿刺を、手術室では縫合や開腹を、指導医の指導を受けながら経験させていただきました。

今回所属したチームの先生4人のうち、一番下の後期研修医の先生は、都内有名病院で初期研修をされて、Step2CSまで受験を終えられている先輩。実習期間中に大きなアドバイスを3ついただきました。

☆ 最初は(初期研修の2年なんて)分からないことばかりなのだから、何も考えずにとにかく先輩に聞け
→ 考えないといけない質問をした場合は「なん(で)だと思う?」などと聞き返して下さいましたし、とんちんかんな質問や回答をすると、即座にツッコミを入れて下さり、勉強不足ぶりを自覚できました。

☆ 教えてもらえなくても、自分で見て学んで成長していける人は必ず評価される
→ いくら良い研修病院といえども、いくらアメリカが教育的といえども、こちらが期待するほど懇切丁寧に教えてくれるはずがない。自分で見て学んで成長しなければいけないし、その成長を指導医に認めてもらわないといけない。

☆ 学生という特権を大切に生かすこと
→ 学生のうちだからこそ経験させてもらえるチャンス、一度卒業してしまうと簡単には得られなくなるチャンスが沢山ある。本気で米国でのポジションを狙う人は、学生時代からどんどんチャンスに飛び込み、現地の先生との伝を得るために相当数のメール(普通に100通以上)を送って、連絡を取っている。その現実を知っておくべき。

ある時、その先生は当直明けにもかかわらず、13時間の手術中に休憩やトイレに全く行かずに、助手としての仕事に集中し続けておられました。終盤に執刀医から手術の一部を任されると、かなり嬉しそうに取り組まれていました。

『高い目標を胸に秘めるからこそ、誰にも負けない強い熱意が湧いてくるし、その熱意が成長のチャンスを生む』ということを、先生の取り組みから教えてもらった気がします。

僕もその姿に魅せられて、手術が終わる23時過ぎまで術野に立ち続けました(学生なので本来なら17時で帰ってよい)。志願して最後まで残ったおかげで、消化管吻合を初めて見学することができましたし、最後の埋没縫合も、指導医からアドバイスをいただきながら、自ら担当できました。疲れも吹き飛ぶ充実した1日になりました。

加えて、外科医に求められるタフさ、得られるやりがい、魅力を少し深く知ることができましたし、自分が外科医に向いていないわけでないことも確かめられました。腫瘍外科・移植外科医を目指していた医学部入学前の初心が蘇りました。

都内病院にて、小児外科手術に関するセミナー(健康講座)に参加させていただきました。

3週で3度目の東京旅行になってしまった今回は、往復ともに夜行バスを利用。

早朝からのんびり、築地・お台場を散歩したり、カフェで読書にひたったりして、自分自身の内面を見つめ直しました。

セミナーは夜に1時間。小児外科手術の概要をわかりやすく学ぶことができました。
終了後は、小児外科のキャリアパスや固形がん治療の今後に関して、個人的にお話をうかがいました。


◎ キャリア
・小児科や産科への精通も重要。でも一般外科のトーレーニングは不可欠で最重要
・一般外科専門医をとることが第一。そのあと小児外科を専門的に学んでいく、という米国型システムに現在改革中
・トレーニングにはトータル10年かかる

◎ 固形がん治療
・一時期、スクリーニングによって早期発見が臨めるようになったものもあったが(神経芽腫)、治らない患者さんは減らなかった(したがってスクリーニングも中止された)
・化学療法においては、使える最大限度量を使っているのが現状で、残念ながら頭打ち状態
・治癒率の向上には、画期的な分子標的治療薬や免疫療法の進歩が必要

このほかにも、「そこが聞きたかった!」という部分のお話がいろいろ聞けました


課外活動の際は、興味ある分野のものに片っ端から飛びついたり、身近なものに何となく出てみるのではなく、『参加するかしないかで自分の人生を大きく変える可能性を秘めるもの』を見出してそこに全力投球できれば、といつも考えています。

今回もミラクルな課外活動となりました。

2013年9月6,7日

京都にて日本移植学会を見学させていただきました。
学生は1000円で参加できてお値打ちです。

京都国際会館は庭園が美しかったです。
ランチョンセミナーのお弁当も格別。


◎ 一日目: 企業展示、ポスター展示、販売書籍などの見学と、三講演への参加
• カナダ腎移植医による英語でのランチョンセミナー
Class II HLA mismatch と de novo donor specific antibodies に関して)
• 会長講演(心臓移植のこれまでとこれから)
• 移植コーディネーター5人による講演セッション

今まで馴染みのなかったテーマゆえに、どの講演も刺激的でした。特に移植コーディネーターさんのお話は新鮮でした。「コーディネーター外来」というシステムによる、退院後、入院前の患者さんへの生活指導など、取り組みのきめ細かさに感銘を受けました。

 
◎ 二日目: 特別企画講演「米国における日本人移植医の活躍」

学会見学を決意した最大の理由•目的はこのセッションでした。

4人の演者は全て、移植医として米国で教授をされているすごい先生方。
並外れた実績と実力、苦労されてきた形跡、エネルギー、情熱、夢。

真の意味で途方に暮れてしまいました。
USMLE STEP1とTOEFLのことで頭がいっぱいになっている自分が本当にちっぽけな存在に思えました。
目先の目標達成のための努力(それすらも十分にできていないのに!)だけで満足していてはダメなんだと、はっと気づかされました。

4人目の先生は、「プロフェッショナル 仕事の流儀」 で取り組みを見させていただき感銘を受けた、憧れの移植外科医、加藤友朗先生でした。同じ学士編入学、アメリカ志向、外科医(志望)ということもあり、自分にとっては特別な存在でした。

番組、著書(下記)、そして今回の講演を踏まえ、
質問しにうかがい、回答をいただきました。

* 移植外科のトレーニングプログラムの詳細は?(どの臓器の症例が多いか)
     :主に肝と腎

* 小児患者さんの移植手術のための技術や非外科的管理の知識はどのように身につけられたのか?
     :余裕はなかなかない、できる人はほんの一握り。本人のやる気次第


どちらも聞けて良かったです。将来展望が一気に広がりました。
壁の高さを目に焼きつけました。


今回のような貴重な機会に巡り合えたのは、夏休みのはじめに学会の Webサイトにアンテナを張り巡らせたおかげでした。今後も新しいチャンスを求めていきたいと思います。


加藤先生の著書

移植病棟24時
加藤 友朗
集英社
2005-07





須磨久善先生は、もう死を待つしかなかった拡張型心筋症末期の患者さんを救うための手術、バティスタ手術を日本で確立された先生です。

第1例の患者さんの死と、その後ご遺族から受け取った励ましの手紙。そして、第2例の患者さんでの手術成功。Xプロジェクトで拝見し、胸を打たれました。著書も読ませていただき、再度強い刺激を受けました。

外科医 須磨久善
海堂 尊
講談社
2009-07-22



須磨先生はその後、心筋の筋繊維の走行パターンをヒントにバティスタ手術を改良し、今や成功率9割を越えるまでに発展させてこられました。

その過程を語ってくださった今回の講演では、教室の空気そのものもいつもとは全く別物のようでした。同級生たちがあんなに講演に熱中し、inspireされていた光景が今でも忘れられません。

先生は2つメッセージを残してくれました。

スポーツ
コミュニケーション

◼︎ チームワークだけでなく個人技の向上も大切
◼︎ 普段から友人と質の高いディスカッションを

消化器外科の先生方に連れられ、福島県の Johnson & Johnson ETHICON ラボに行ってきました。高速道路からのぞむ磐梯山が奇麗でした。

今回の目的は、生きた子豚を使った内視鏡手術トレーニング。
30〜40kgほどの準無菌豚(免疫操作された、清潔で病原菌が感染する心配のない豚)は、人間でいうと中学生くらい(?)

ラボでは最高のおもてなしを受けました。

手術室では、すでに豚は手術台の上で麻酔がかけられ、 いつでもタイムアウト可能な状態でした。

午前は5年目の先生に胆嚢摘出術の全過程をマンツーマンで指導していただきました。

もう2回目の挑戦になりますが、今回も途中で胆嚢を破いてしまいました。
透明で黄色い胆汁がとろとろ。
少し切なくなりますが、それでも、切除しきった瞬間は爽快です。

午後は、スコープ担当で、幽門部切除術のトレーニングを見学。
ステイプラー(2枚の組織シートを挟んでピタッとつなぎあわせる機器)の新モデルを試用して行われました。
挟む時にみなで威勢良く「ファイヤー!」と叫んで楽しくやっていました。
外科は体育会系のノリがあって面白いです。 

 今回のトレーニングイベントをJohnson & Johnsonが無料で企画した目的は、こういった試作品の感想をドクターから聞くことだったんだと、終盤になって気づきました。

豪華な昼食弁当、沢山のお土産品、帰路途中でみえた奇麗な夕日。

大満足の一日になりました。

外科の先生に紹介していただいて、日本消化器外科学会に参加しました。

往復の交通費、宿泊費、学会費を全て医局でもってもらい、感謝の気持ちでいっぱいでした。

参加してみると何ともエキサイティング!
・海外の先生や、大学の名誉教授の特別講演
・製薬会社の医療機器展示
・全てフリーのドリンク、軽食類

2日目の早朝は、米国の先生のモーニングセミナーに参加。テーマは「がんのリスク要因」。
大学の勉強とタイムリーで、疫学の知識が役立ち、勉強した意義を実感できました。

この日の夜に新潟に戻り、翌日は疫学と解剖学総論(骨学)の試験でした。
キツかったですが、何とか乗り切りました。

このページのトップヘ