A Little Bit Awesome

小児科(小児腫瘍科)の分野で国際的な貢献ができる医師を目指しています。それらの研修のため、米国臨床留学の準備も進めています。

カテゴリ:USMLE 対策 > >> Step 2 CS 

急遽予定を変更し、2泊3日でカリフォルニアに行ってきました。

<目的>
① San Diego:2年前に研究実習でお世話になった教授やラボメンバーへのご挨拶、進路相談
② Los Angeles:USMLE Step 2 CS 受験会場・周辺の視察
③ Anaheim:Disney L.A. 60th Anniversary グッズ購入(おみやげ)

-------------------------------------------------------------------------------------------------
"USMLE STEP 2 CS General Information" という
pdf ファイルを旅行計画中に見つけました。

(追記)
完全版:
USMLE STEP 2CS に絶対合格したいあなたに奉げる処方箋

First Aid Step 2 CS
 と双璧をなす対策書だと思います!
これから受験を目指していく立場として、本当に有難いかぎりです。
-------------------------------------------------------------------------------------------------

今回の旅では、自分の将来を根本的に見直すきっかけを得ました。
結構な労力と旅費がかかりましたが、一歩を踏み出して本当に良かったです。

数年前の自分だったら迷いなく出動していたはずですが、今回は消極的な面持ちで迷いに迷った末の決断。自らのチャレンジ精神や積極性の減衰を感じ取らざるをえない3日間でした。

米国での経験によって、低学年の頃に抱いていた憧れや好奇心が徐々に薄れてきたことが、きっとその一因なのだと思います。

でもその経験がプラスに作用していることもまた事実で、「何が何でも米国臨床留学したい、しなければいけない!」という現実的な思いはどんどん膨らんできています。
 
 
フェローシップだけを経験して日本に帰るよりも、アメリカで長くトレーニングを積んで少しでも多くを学ぶ方が、将来的には、今の医療で治せない患者さんを少しでも治せるようにするための最新の臨床を追求し、臨床研究に取り組むチャンスをより一層広げられるのではないか。

それなら(最終的に日本の医療に貢献したいという思いを抱きつつも)「日本に戻れなくてもいい」ぐらいの覚悟で、レジデンシーから米国臨床留学すべきなのではないか、という思いが高まってきました。


・果たして自分にはレジデンシーから臨床留学できる可能性が残されているのか?
・もし可能性があるなら、実現のために今の自分が最も優先してやらなければいけないことは何なのか?
・英語コミュニケーションの壁をどう乗り越えていくのか?
・国内のマッチング、国試対策、Step 2 CK 対策の3つに集中して情熱を注いでいくことが、残りの医学部生活の過ごし方として本当に最適なパスなのか?

そういった根本的なところから、今一度じっくり考え直してみたいと思います。

米国でクリクラを行うもう一人の同級生と H&P(History & Physical exam) の自主練を始めました。

スタンフォード大学の医学留学プログラムで Clinical Skills のトレーニングを受けたパートナーなので心強いです。
(プログラムの資料を少し見せてもらったんですが、質が高くて感銘を受けました。参加する人が羨ましいです!)

自主練では、First Aid for the USMLE Step 2 CS の Practice Cases 44個の中からお互いに1個ずつ症例をピックアップし、先輩からいただいたモデル動画をお手本にして、毎週くり返し練習することにしました。

選んだのは Case 31 の「21歳・女性・腹痛」。
主訴が痛み系で、OB/GYN(産婦人科) 項目と Sexual History を重点的に聞く症例。

モデル動画、First Aid (、パートナーの持っている資料)を参考に、Word で台本を作成しました。まずは Physical exam の手前(Transition)まで。


今まで厄介に感じていたのが、Mnemonics や問診文のバリエーションが多すぎること。
本格的に始めるにあたり、まずは全てを一つに絞ることにしました。

痛みの問診には OCD PSF LIQRAAA を、PMH(Past Medical History)などの問診には PAM HITS FOSS を採用し、各問診文も一番使いやすそうなシンプルなものを選別しました。順番もまずは型通りで。

最後の S (Social History) の4項目は SADO にしました。(Smoking, Alcohol, Drug, Occupation/Oshigoto)

Transition phrases や Words of sympathy もモデル動画からこまめに拾い上げ、台本に加えました。今回の症例でスキップする項目も台本には含めました。

誤りや抜け落ちが沢山あると思いますが、初めてなので、型をマスターするために台本をこのまま暗唱しました。

練習会のときは頭文字を羅列したメモ用紙だけ使ってトライ。

パートナーには台本を読み上げてもらうだけでいいので、受け答えもスムーズに進み、楽しく練習できました。

反省点は、① メモをとるのが中途半端になったこと、② 一部の問診が瞬時に頭から出てこずアドリブになったこと、③ 時間がかかったこと。

来週は、身体診察、生活指導、Challenge question への返答、Closing も含めて一通りできるようにしたいです。


<参考サイト>
http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2005dir/n2638dir/n2638_10.htm

2005年の記事ですが、USMLE Step 2 CS の概要や対策方法が包括的に解説されていて、大変参考になります。執筆された先生は現在、西海岸で婦人科腫瘍の教授をされています。Step 1 対策に際し「10000問解けば90パーセンタイルと言われるが、それでは足りないと思い、使命感を持って12000題解くことを目標にした」とおっしゃっていた先生です。

この講座では、問診とコミュニケーションに焦点を置いて、じっくりと学んできました。

徹底して Student-centered、Discussion-based なので、常に意見、コメント、質問を要求され、アウトプット力(苦手です)を鍛えられました。米国式トレーニングの真骨頂。

メンバーは当初10人でしたが、臨床実習や病院見学、帰省などで徐々に減り、前々回は4人、前回は3人でした。

〜〜〜〜〜〜〜

前回はネイティブ講師が模擬患者役をしてくださり、一人ずつ医療面接のロールプレイをしました。

全然うまく出来ませんでした。
OSCE 本番はかなりいい感じでできたのに…

英語になると質問文が反射的に出てこず、いちいち考えないといけなくなるので、余裕が失われました。アイコンタクトや姿勢、ジェスチャー、声のトーン、共感の言葉、傾聴の徹底、などにも気が回らなくなり、悪い癖も出て、終わってみれば OSCE 練習前よりもひどい始末に。

これはいけないと思い、早速手を打つことにしました。

OSCE の医療面接講習でも、最初は全然出来なかったのですが、フィードバック、改善点、同級生の良かった点などを徹底的にメモしてかき集めて、それを元に何十回も練習して克服しました。

今回も、まずはコアになる英語例文(挨拶、自己紹介、痛みの10カ条、現病歴、既往歴の問診)を取り揃え、暗唱し、練習を繰り返しました。

CS の対策では「徹底的な反復練習で反射力を鍛えるのが肝」と聞きますし、一緒に練習するパートナーの存在はやはり不可欠となりそうです。(cf. 最終手段として、CONSOCIO という CS 対策対応の Skype 英会話レッスンもあり)

今後も貪欲に練習を重ねたいです。

〜〜〜〜〜〜〜

さて、講座の最終回となった今夜は、なんと参加者が僕1人でした。

生き残った者への特権とばかりに、素晴らしい90分が訪れました。

昨年に Step2CS を受験された後期研修医の先生が、1ヶ月ぶりくらいに MDアンダーソンがんセンターから戻られて、終始ご一緒してくださいました。

ネイティブの医学英語講師と3人でプライベイトのCS対策をさせてもらう機会なんて、きっと人生最初で最後!

今夜は、DVD で実際の医療面接の現場を見ながら、良い点/悪い点や、問診内容に関するディスカッションを事細かに行いました。僕が欠席した回の補講をしていただく形になり、ラッキーでした。

「Step2CS では 〜 」という具体的なアドバイスをぽんぽんいただきました。

Tips
□ 痛みの問診は例外なく網羅的に聞くこと(CS では採点対象)
□ Transition word や permission to next stage などを利用して、面接全体がうまくオーガナイズされるとグッド
□ 患者の訴えをパラフレーズして繰り返すとグッド
□ Kaplan の講習(冬は少し値上がりして5日間で30万円くらい)は1ヶ月前くらいに早めに受けてもいいかも。もらったフィードバックをもとに練習できるので。ただし、日本で一緒に練習するパートナーがいることが前提


僕の大学では、6年の 5-7月にミネソタ大学で臨床実習ができる枠(2名)があるのですが、そこで渡米チャンスが得られたら、今回の後期研修医の先生をつてに、MDアンダーソンがんセンターでの見学も決定的となりそうです。

僕が陰ながら高く尊敬している小児腫瘍医の先生も、MDアンダーソンがんセンターでクリニカルフェローのご経験をされたようなので(著書の巻末プロフィールにて知りました)、これもまた嬉しいつながりのきっかけとなりそうです。

またその小児腫瘍医の先生は、難病の子どもたちに大自然を体験してもらうキャンプ活動を展開されており、僕も今年の夏キャンプ(USMLE 受験直後?)にボランティアとして参加する予定でいます。


素晴らしい先輩・先生方とのつながりが連鎖的に生まれてくるたび、この道に進んでこれて本当に良かったと実感します。

自分もまた、そのつながりを色々な人に伝え、共有していけるようにベストを尽くしたいですし、そのためにもまずは、自らの果たすべきことを頑張らなければと思います。

 
恥ずかしながら、2月から TOEFL iBT 対策のモチベーションが一切わかず、最近までほぼ手付かず状態だったのですが、そろそろ本腰を入れて頑張ろう、という気持ちが高まってきました。

USMLE Step2CS 対策講座が始まりました。

毎週水曜夜に9回にわたって行われる、学内史上初のショートプログラム。
参加者は4, 5年生中心の有志10名。

ネイティブの医学英語講師、米国臨床留学された学内教授(小児科)、昨年末に Step2CS を取得されたばかりの後期研修医(消化器一般外科)の3人が中心となり、企画して下さいました。

『医療場面での英語コミュニケーションを英語で学ぶ』
というのは、まさしく自分の取り組みたい課外活動ランキング:第1位。

週1回90分の貴重な時間をエンジョイしていきたいです。


内容面は手技や知識よりもコミュニケーションそのものに重点が置かれていて、
・英語コミュニケーションスキル
・プロフェッショナリズム
などを磨く契機になるので、今後もとても楽しみです。
(具体的な問診に関しては、日本で経験を積み、英語表現を覚えてトレーニングを積めば、独学でもある程度上達できそうです)

自己課題は明らか。
・ナチュラルスピードの日常会話を聴き取る力
・自分の意見を英語でしっかりと述べる力
 
足りないスキルをこれから少しずつ伸ばしていきます!!

日本大学で行われている医学英語セミナーに遅まきながら初参加しました。板橋キャンパスの中に建つ、ガラス張りの綺麗な建物にて。

医学部1年生から、Step2CSを目指すレジデント、医療系通訳者まで、幅広い参加者がいらっしゃって、とても良い交流の場にもなりました。

中央のテーブルにはミカンやスイーツが積まれ、雰囲気がアットホームでした。
来月はクリスマスバージョンらしいので、もっともっとアットホームになりそうです。

(今回は?)欧米のファミリードクターが二人来られ、想像していたよりもはるかに多くの take home points をいただきました。

また、ディスカッション形式のグループワークが中心なので、インプットよりアウトプットトレーニングがしっかりできる魅力的な医学英語セミナーでした。

今回のテーマは Urinary problem。

自己紹介から始まり、腎泌尿器の解剖学名の穴埋め、症状を示すキーワードのパラフレーズ、その問診会話文作成、代表的な疾患の症状とリスクファクター、症例診断をグループディスカッションで学習しました。また、検査紙を使った尿糖検査の実演、模擬患者との医療面接も行われました。

最後の医療面接のパートでは、1組の模擬患者と模擬ドクターを全員で囲って問診のシュミレーションが行われました。「模擬ドクターを最初にやりたい人?」という質問を、「模擬患者に最初に聞きたいことは?」という質問と勘違いして、最初に手を上げてしまった自分は、突然模擬ドクターをやることになってしまいました。まさか、人生初の問診トレーニングを英語でやることになるなんて…。

結局、最初の挨拶から、話の持って行き方まで、全てが散々で課題だらけでした。
先週の Lurie Children’s hospital で見学したレジデントと、今の自分とを照らし合わせることができた点では幸運だったのかもしれませんが。

来月にはもう少し成長した模擬ドクターになっていたいです。

このページのトップヘ