出発当日までに第1ローテ(小児呼吸器科)の予習問題(2CKスタイル20題)を解いて提出しないといけなかったので、前夜は徹夜になりました。

Most likely系の問題が多くてStep1本番が懐かしく思え、またStep1の勉強が役に立ってホッとしました。

解答をアテンディング(指導医)に送信して成田を出発し、フライト中はよく眠れました。

予習課題に加えて文献も16個送られてきました。
学内の小児科ローテでいただいた(きついと評判の)課題文献でさえ3個だったので、桁違いの量です。

来週までに一通り読みたいです。

コース概要には、ACGMEのsix competenciesに則って到達目標がたくさん記載されていました。今の自分がまだ何一つちゃんとできない状況にあることは一目瞭然。

クリクラを通して自分がどこまで成長できるか全く見当がつきませんが、とにかく毎日必死で取り組んでいきたいと思います。


---
今回は滞在先までのルート以外、何も下調べをしていなかったので、現地の路面電車の車窓からミネアポリスの町並みが見えた時には、その壮大さに唖然としてしまいました。

実習以外はまだノープランですが、新潟でいつもお世話になっている料亭(海風亭)のおじさんから「州魚のウォールアイを食べてきなよ」と勧められたので、まずはその料理写真と感想をメールで送りたいところ。あと、ミシシッピ川がすぐ近くにあるので、本場のアカミミガメに会えたらと思います。


滞在先は、日本人ならためらってしまうような汚れた共同ハウス。
2ヶ月900ドルの格安物件だったので、どんな訳あり物件なのか、ビクビクしていましたが、問題点は家の中がかなり汚れていることと(オーブンなんてあまりにも汚れすぎていて、ジュラシックパークの遺品みたいです)、必要最低限のものがいくつか無いことぐらい(枕、デスク、トイレットペーパー)。

駅から徒歩3-4分でアクセスが良く、治安がさほど悪くなく、寝泊まり/シャワー/洗濯ができてこの値段なので、何も言うことないです。

別居のオーナーはとても優しい方で、デポジットも払わなくていいよと言ってくださいました。


ひとまず、イヤーノートを枕に(意外と悪くない)、小型の冷蔵庫をきれいに拭いて机にしました。トイレ2か所ともにペーパーがないので、1ダース買ってきました。

隣部屋の人は日本人(学部3年生)なので本当にラッキー。色々教えてもらえそうです。


昨日の夕方は時間がなく、やむをえず近くのファーストフード店を利用しましたが、まずすぎて3割食べるのが精一杯でした。これで9ドルは辛い。日本がいかに食に恵まれているか、しみじみ実感します。

今日、明日は病院周辺の環境と実習場所までのアクセスを入念にチェックして、ちゃんとしたものを食べたいと思います。