都内病院で行われたアレルギー・膠原病分野のケーススタディセミナーに参加しました。

今回は、シムリンピック&医学教育学会の学生懇親会でお会いした他大学の先輩をお招きしました。(米国臨床見学や首都圏でのケーススタディなど、課外活動の領域が僕と近く、お世話になっている憧れの先生が共通している方)

その他にも、水戸のケーススタディでお世話になった先輩や、ブログで最高の目標にさせていただいてきた先生も参加しに来られていましたし、プレゼンターもこれまで同様、目標にさせていただいている先生方。2時間その場で勉強するだけで、「これからも頑張ろう!」という気持ちがぐんと高まります。


今回は早めに会場に向かい、座長に確実に当てられる席に座りました。
少し発言はできましたが、膠原病の最適な鑑別は判断できず。邪道な(?)リケッチアを挙げて、根拠説明はしどろもどろ。良い質問も思い浮かばず、勉強不足を痛感しました。

医学知識が少し身について0から1になったことで、今度は、100あるいはその先までの道のりの険しさを直視するようになった感じがします。分かることが増える喜びを感じるのは4年生までで終わり。これからは、どれだけ自分が分かっていないかということに目を向けて、勉強不足箇所を克服していきたいと思います。


☆ 毎回自然体で、リラックスして、失敗を恐れず、積極的に発言できる
☆ 論理的な説明が伴った的確な鑑別診断、方針をあげられる
☆ 場全体を盛り上げられる本質的な質問ができる(ぐらいの深い理解力を身につける)

引き続き、これらの目標達成に向けて、普段の地道な積み重ね(1つ1つ調べる、1つ1つ考える、1つ1つ覚える etc)を大切にしていきたいです。