昨日、キッズキャンプ(2015夏)の事前ミーティングのため、東京に出かけました。

昨年6月に思いがけずインターネット上で見つけた、都内がん専門病院の1日見学イベント案内。思い切って参加したことで、小児科の先生からキッズキャンプを紹介していただくことができました。いよいよ、その先生と来月のキャンプで再会します

現地研修やミーティングがあり、ボランティア初参加までに交通費が10万円近くかかりました。でも、かけがえのない仲間との出会いや、一生ものの経験が待っているので、浪費した感覚は全くありません。

学生のうちに経験しておきたいこと、奨学金を借りてでも果たすべきことはまだまだ沢山あります。

2〜4年生までは、
・その時々で自分にとって必要性が高く、効果的で、有意義な課外活動
・飛び込むか飛び込まないかで、今後の人生を大きく変えるに違いない課外活動
を模索し、チャンスがあれば貪欲に飛び込んできました。

「スペシャルな課外活動の案内を50人が聞いて、うち5人が興味を膨らませて自主的に情報を探ったり、参加を検討したりするものの、最終的に行動に踏み切るのは1人いるかどうか」というありがちな状況の中で、自分がその1人になることを常に目指してきました。(逆境に堪えつつ、多少の無謀なチャレンジを楽しんできました)

この方針は今後もずっと変わらないと思います。しかし、今年度だけは控えめモード。臨床実習が10ヶ月近くあり、長期休暇も半分近くは病院見学で埋まるので、自由に動ける日数が極端に少ないです。なので、日々の積み重ねがますます自分の将来を左右することになりそうです。

6年になると、また沢山の活動が待っています。悔いが残らないよう、8〜12万円/月の奨学金を借りて思いきり活動しようと心に決めています。
・USMLE Step1, Step2CK 受験:合格すれば、大学から受験料が支給される(?)
・TOEFL 頻回受験
・キッズキャンプ(冬、春、夏)
・病院見学(在米海軍病院含む)と就職活動
・ミネソタ大学臨床実習(学内募集):奨学金あり
・シカゴ小児科病院、MDアンダーソンがんセンター見学(個人)
(・オレゴン健康医科大学家庭医療科研修(JADECOM))
(・ニューヨーク市中病院見学(東京海上))
(・ハワイ大学エクスターンシップ(野口))

5年時
=4年時までの積み重ねを無駄にしないための1年
=6年時に向けての下積みの1年
と捉えて、今の単調な日々を乗り越えたいと思います!!

2015夏の3本柱
☆ 日々の積み重ねを充実させる
☆ 病院見学に全力で挑む
☆ キッズキャンプ活動に思いきり打ち込む