安全講習会
今週もひとつ受けました。
50人ほどの参加者に対して、歯切れのいい英語でどんどん説明を進めていくインストラクター。ひと休みのために部屋の中央でゆっくりと美味しそうに水を飲む機会が何度かあって、その度に部屋が静まり返るのですが、水の入った容器はなぜか "お〜い お茶" のペットボトル。そのシュールすぎる光景に必死に笑いをこらえていましたが、頭の中でついつい英訳してしまい、一人笑ってしまいました。"Hey, Tea" 

さて内容面では…
長時間のパソコンワークで健康を損なわないよう、疲労軽減デバイス(ノートパソコンを傾けるデバイスなど)を買うと100ドルあたり75ドルの補助金がもらえるというシステムが印象的でした。

特別講演・シンポジウム
今週は二つ参加してみました。コーヒーやスイーツのサービスが当たり前のように付いてくるシステムが本当に魅力的です。講演内容もエキサイティングなものが多かったです。
毎週金曜早朝には少し離れた病院で小児科の朝食付きレクチャーがあるので、11月の第2週に参加してみようと思います。

週末で真っ黒に日焼け
土曜は、とてもお世話になっているラボの Executive assistant とその旦那さんのGreg、そして隣のラボの日本人の方と4人で過ごしました。
日本食品スーパーを回り、日本食レストランで豚骨ラーメン(博多風で本格的)を食べた後、夫妻のお宅(ホームステイ先のすぐ近く)に少しお邪魔して、いざ La Jolla の海へ。
ラッコやアシカ、鳥がひしめく、賑やかで綺麗な最高の海!
天気、気温、水温、波ともに絶好のコンディションということで、Gregと二人でシュノーケリング(というより遠泳)をしました。
心臓が止まりそうな冷たい海水に徐々に慣れてきたころ、自分の下をラッコが通過して驚嘆。そのあと、海流の速い洞窟をくぐり、スイマーズコースに平行に、往復で2.5kmほど泳ぎました。綺麗な魚の群れを何度も見られたほか、対岸(オレンジの屋根の見える港)の手前では、Leopard Shark という、砂底に住む小型のサメも見ることができて、Gregも大興奮。さらに帰り際には、自分のすぐ下を正面から再びラッコが通過し、今度は間一髪で尻尾にタッチすることに成功。忘れられない思い出になりました。
シュノーケリングの後はメキシカン料理を食べて、サーファーの間で人気のビーチを散歩。

Gregはサーフィンの実力者で、翌早朝のサーフィンに向けて、波の性状を入念にチェックし、動画までとっていました。

翌日午前には、サーフィンを終えたGregと、家のすぐ近くのトレッキングコースを約9km走りました。Gregはサーフィンや遠泳に加え、週末連日の13kmのランニングも習慣にしているそうで、まさに鉄人でした。


<来週に向けて>
この2週間、基礎的な実験や指導者のお手伝いに取り組んで、実験にも研究生活にも慣れてきました。
自分の研究の方針も具体化してきて、すでにサンプルの準備も始まり、来週からの本格的な実験に向けて準備が整ってきました。

来週も今週以上に生産的な一週間に出来るよう、向上心を忘れずに取り組んでいきたいです。