外科の先生に紹介していただいて、日本消化器外科学会に参加しました。

往復の交通費、宿泊費、学会費を全て医局でもってもらい、感謝の気持ちでいっぱいでした。

参加してみると何ともエキサイティング!
・海外の先生や、大学の名誉教授の特別講演
・製薬会社の医療機器展示
・全てフリーのドリンク、軽食類

2日目の早朝は、米国の先生のモーニングセミナーに参加。テーマは「がんのリスク要因」。
大学の勉強とタイムリーで、疫学の知識が役立ち、勉強した意義を実感できました。

この日の夜に新潟に戻り、翌日は疫学と解剖学総論(骨学)の試験でした。
キツかったですが、何とか乗り切りました。